コンテンツ マウスピース矯正

インビザラインの費用は?治療費用の相場や分割払いは可能?お得に安く矯正する方法を解説

インビザライン矯正を検討しており、どのぐらいの費用がかかるのかと気になっている方も多いのではないでしょうか?

本記事では、インビザライン矯正の費用や治療費用の相場、分割払いなどの支払い方法について詳しく解説していきます。インビザライン矯正の費用について詳しく知りたいという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

浅見 拓哉
監修 矯正ドクター
日本矯正歯科学会 認定医/インビザライン認定ドクター

三上 智彦
監修 矯正ドクター
日本矯正歯科学会認定医/インビザライン認定ドクター

名倉 奈津子
監修 矯正ドクター
東京歯科大学卒/医療法人社団佑健会 勤務


インビザラインによる矯正治療の特徴は?

では早速、インビザライン矯正治療の特長について紹介していきます。インビザライン矯正は、大きくわけると、以下の3つの特長があります。詳しく見ていきましょう。

アメリカで誕生!世界1,200万人が使用した実績

インビザラインは、アメリカで誕生した「アライン・テクノロジー社」が提供しているマウスピース矯正ブランドです。

現在では、世界1,200万人が使用した実績があります。インビザラインではこの多くの治療データに基づき、「歯を動かす仕組み」や「マウスピース素材」などを常に改良し続けています。

幅広い歯並びでマウスピース矯正ができる「症例の適応範囲が広い」

インビザラインは子どもから大人まで、幅広い歯並びでマウスピース矯正ができます。この症例の適用範囲の広さは、インビザラインの大きな特長のひとつです。

ごく軽度のガタガタした歯並びをはじめ、噛み合わせの改善が必要な「出っ歯」や「受け口」などの「重度の歯並び」まで適用範囲に含まれています。

ただし症例の適用範囲は、担当する矯正歯科医・歯科医院の方針により異なるケースもあるため、事前に希望の歯科医院でのカウンセリングで確認しておく必要があります。

違和感が少ない歯茎に沿った形のマウスピース

インビザラインに使用する矯正装置は、違和感が少ないことも大きな特長のひとつです。厚さおよそ0.5mmの「アライナー」と呼ばれる、歯茎に沿った形をした「マウスピース型」の矯正装置を使用します。

マウスピース矯正ブランドのなかには、歯茎を一部覆う形のマウスピースも存在しています。しかし、インビザラインのマウスピースの形状は、薄くて歯茎に被ることがないため、違和感を少なく抑えられます。

またマウスピースの表面も滑らかなので、金属を使用したワイヤー矯正と比較すると、舌触りも良く違和感が非常に少ないです。

インビザラインのマウスピース矯正を行うメリット

症例数が多く世界でも人気が高いインビザラインですが、じつは歯科矯正中も今までとほとんど変わりない日常生活が送れる、という大きなメリットがあります。

具体的には、以下の3つのメリットが挙げられます。

1.目立ちづらい

インビザラインで使用する矯正装置は、薄くて透明のマウスピース型の装置を使用するため、「目立ちにくい」というメリットがあります。

また、マウスピースの表面は非常に滑らかで、ワイヤー矯正のような複雑な装置を歯の表面に装着しないため、歯科矯正をはじめても口元に大きな見た目の変化はありません。

そのため、歯科矯正中でもよほど近くに寄って口元を見ない限り、まわりの人にほとんど気づかれずに、装置を装着することが可能です。

2.痛みが抑えられる

インビザラインはその構造上、「痛みを抑えられる」ことも大きなメリットで、いつもとほぼ変わらない日常生活を送れます。

これは、インビザラインのマウスピース1枚で動かせる歯の距離が、「0.25mm程度」と大きくなり過ぎないように計算されているためです。

ワイヤー矯正ではおよそ1ヶ月に1度、大きな力をかけますが、インビザラインではおよそ1週間に1度マウスピースを交換して、少しずつ力をかけられるため痛みを抑えられます。

3.取り外し可能

インビザラインでは使用するマウスピースを、「食事」や「歯磨き」のときなどに必要に応じて自由に取り外せます。これも、インビザラインの大きなメリットのひとつです。

マウスピースの取り外しがご自身で自由に行えるため、食材を選ばず、おいしく食事ができます。また歯磨きでのセルフケアでも、矯正装置が邪魔をして歯が磨きにくい、といった心配もありません。

また矯正装置と歯の隙間には、通常であれば「野菜」や「お肉」などの繊維質が詰まりやすいですが、装置を取り外せるインビザラインではそのようなことはなく、歯科矯正中の食事の不快感を軽減できます。

インビザライン矯正のパッケージと費用を徹底調査!

インビザライン矯正には、以下のような症例に合わせて選べる4つのパッケージがあります。

パッケージ(適用症例)費用相場
コンプリヘンシブ(重度)約80〜100万円
モデレート(中度)約50万円〜
ライト(軽度)約30万円〜
エクスプレス(ごく軽度)約25万円〜

これらのどのパッケージの適用になるかどうかは、担当の矯正歯科医の方針や、歯並びの状態などにより異なります。そして上記の図のように、選ぶパッケージによって費用相場も大きく異なります。

各パッケージの治療期間の治療費

治療期間や費用に関しては、ごく軽度の「エクスプレス」から、重度の「コンプリヘンシブ」へと、難しい症例になればなるほど期間が長くなり、同時に治療費も高くなります。

インビザライン矯正でかかる期間や、治療費用を知りたい場合は、まずは希望の歯科医院で検査を行って、ご自身の歯並びの状態に合う治療法(パッケージ)を診断してもらう必要があります。

ちなみにインビザライン矯正には、部分矯正をはじめ、全体矯正まで幅広く対応しています。

インビザラインを治療する上でかかってくる費用は?

インビザライン矯正に限ったことではありませんが、歯科矯正では「装置の費用」以外にも、追加費用がかかることがあります。

インビザライン矯正をする上でかかる一般的な治療費用の内訳は、下記の図の通りです。治療の流れに沿ってご確認ください。

【インビザライン矯正の治療費用の内訳】

治療時期治療費用の内訳
矯正前●相談料・・・矯正治療の相談
無料〜3,000円
●検査料・診断料・・・治療シミュレーションを出すための費用
3万~5万円程度
矯正治療開始●矯正装置・・・矯正治療の費用
80万~100万円
矯正治療中●来院ごとの調整費
5,000~1万円
矯正治療後●保定装置料
2万円~6万円
●メンテナンス料
5,000円程度

上記の治療費用の内訳は、あくまで目安です。追加費用に関しては、歯科医院によって大きく異なることもあるため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

インビザライン矯正でおすすめなお支払い方法は?

インビザライン矯正では、ごく軽度の歯並びのズレであれば「約25万円〜」と費用を安く抑えることができますが、重度の歯並びの状態では「約80〜100万円」と費用が高額になる可能性もあります。

インビザライン矯正では、「現金払い」以外にも、デンタルローンなどまとまったお金がなくて一括では支払いが難しい方でも、歯科矯正をはじめられるさまざまな支払い方法が揃っています。

まずは、歯科矯正のためにご自身が費やせる予算を事前に把握し、現時点でご自身が一番支払いやすいと思う方法を選択していきましょう。

支払い方法|まとまったお金がある

インビザライン矯正の治療費用支払いの際に、「まとまったお金が準備できる」という方は、以下の方法を検討することをおすすめします。

  • 銀行振込・・・銀行からの振り込みによる支払い
  • 現金払い・・・歯科医院の窓口から現金での支払い
  • クレジットカード一括払い・・・指定のクレジットカードによる一括払い
  • 院内分割・・・歯科医院により独自に設定された分割での支払い

まとまったお金がある場合、銀行や歯科医院の窓口、クレジットカードでの一括払いの検討が可能です。

またそれ以外にも、歯科医院によっては独自に設定された分割手数料無料の「院内分割」を設けている場合もあります。この「院内分割」の分割回数は2~60回など、歯科医院によって異なりますので事前の確認が必要です。

支払い方法|まとまったお金がない

インビザライン矯正の治療費用支払いの際に、「まとまったお金が準備できない」という方は、以下の方法を検討することをおすすめします。それぞれに治療費用が100万円だった場合の、月々の支払額の目安もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

デンタルローン・・・最大84回の分割払いができる歯科専用のローン払い。通常のカードローンに比べると金利が安い。

ローンの種類月の支払額:支払総額が100万円の場合
デンタルローン・金利8%の場合(84回払いの場合)15,500円×83回(初回22,742円)

クレジットカード分割(24)・・・歯科医院で取り扱いのあるクレジットカード会社のローン払い。最大24回まで分割払い可能。

ローンの種類月の支払額:支払総額が100万円の場合
クレジットカード分割・金利10%の場合(24回払いの場合)46,100円×23回(初回47,178円)

インビザラインをお得に安く受けたい

インビザラインを含む歯科矯正は、費用が高額なことも多く、できることならお得に安く治療を受けたいですよね。

ここでは、「インビザラインの費用が高くて気になる」という方に知っておいて欲しい、以下の3つの疑問について紹介します。

お得に安く治療をしたい|インビザラインは保険適応できるか?

インビザライン矯正にかかる費用は、基本的には保険適応できません。つまり、歯科医院の窓口での支払いは10割負担となります。これはインビザライン以外のマウスピース矯正ブランドにもいえることで、全国どこの歯科医院で治療を受けても同じです。

ただし、歯科矯正では保険適応ができる場合もあります。たとえば、「顎変形症」などを伴う特殊な症例の場合です。しかしながら、インビザライン矯正にかかる費用は、健康保険制度で算定の対象外となっているため、まずインビザライン矯正が保険適応できることはないと考えて良いでしょう。

お得に治療をしたい|医療費控除が受けられる条件は?

医療費控除とは、1年間に医療費を10万円以上支払った場合に申請できる控除のことです。

所得金額からこの医療費控除額を差し引けるので、お得に歯科矯正を受けたい場合には医療費控除の活用がおすすめです。医療費控除の概要については、以下を参考にしてみてください。

医療費控除の計算式

(1年間に支払った医療費の総額-保険金などで補てんされる金額)-10万円*=医療費控除額(最大200万円)

*所得合計額が200万円までの場合は、所得合計の5%

医療費控除の対象となる医療費

治療目的の医療行為にかかった費用は、医療費控除の対象です。 対象となる主な医療費は、以下の通りです。

  • 歯科矯正装置を含む矯正治療費
  • 歯科矯正をするにあたり必要な治療費(検査や診断料、処置料など)
  • 電車やバスなどの通院にかかる交通費
  • 還付を受けるために必要なもの

医療費控除の還付を申請するためには、いくつか必要な書類があります。必要書類がないと申請しても医療費控除の還付が受けられないため、しっかり準備しておきましょう。

医療費控除を受けるために、用意すべきものは以下の通りです。

【医療費控除の申請の際に必要な書類

  • 本人確認書類(マイナンバーなど)
  • 申告をする年の源泉徴収票
  • 医療費控除の明細書
  • 還付金の振込先口座
  • 印鑑 など

お得に治療をしたい|高額療養費制度を利用するには?

高額療養費とは、同一月の保険診療による医療費が一定額を越えた場合に、越えた分の費用を払い戻せる制度です。ただしこの高額療養費は、「保険診療」の場合のみの適用となるため、歯科医院での窓口負担が10割の自費治療には適用できません。

しかし例外として、「顎変形症」などの国が認めた疾患に当てはまる症例で「歯科矯正が保険診療」になる場合は、月の医療費が一定額を越えた場合に、払い戻しを受けることができます。この一定額のことを「自己負担限度額」といいますが、年齢および所得状況などによって設定額は異なります。

また注意が必要なのは、「顎変形症」などの保険適用ができる症例であっても、地方厚生(支)局長に届けを出している医療機関でないと歯科矯正に保険がきかないため、事前にしっかり確認しておく必要があります。

そして先程もお話したように、そもそもインビザラインを含むマウスピース矯正装では、保険点数自体が定められていません。つまり「歯科矯正」の保険点数を請求できないため、インビザラインでは高額療養費制度の治療費として申請を行えないと考えておいて良いでしょう。

マウスピース矯正を早く終わらせる方法

マウスピース矯正を早く終わらせるためには、光加速装置・オーソパルスを活用する方法も検討できます。

光加速装置・オーソパルスとは、「近赤外線」を歯周組織に照射して細胞のエネルギーを活性化させることで、矯正治療のスピードを加速させることが期待できるものです。

近赤外線を照射された歯周組織は、血流が増えて細胞が活性化されていくのですが、この活性化は、歯が動くサイクル(歯が動くときに「前方の骨」が溶けて、「後方」部分には「新しい骨」がつくられるサイクル)を早める効果があると言われています。

まとめ

インビザラインの費用は、歯並びの状態や歯科医院の料金設定などによって大きく異なる可能性があります。

また支払い方法に関しては、デンタルローンで無理のない範囲で分割払いできたり、医療費控除なども検討できたりなど、まとまったお金を用意できない方でも支払いやすい方法が用意されています。

マウスピース矯正ブランドのエミニナル矯正では、1人ひとりの歯並びや口の状況を精度高く診断し、治療計画を提示してくれます。インビザラインについても話が聞けるので、気になることがあれば、気軽に矯正相談を受けてみてくださいね。

【当日予約OK】オンライン矯正相談って?

「大人だけどマウスピース矯正をやってみたい」
「自分の歯って矯正治療ができるの?」
「どのぐらい費用と期間がかかるの?」

そんなギモンを解消するためにオススメなのが、オンライン矯正相談です。自分と似た歯並びの人がどのぐらいの期間・費用で矯正できたのかを知れることに加えて、あなたのライフスタイルに合った矯正医院を紹介してくれるので、一度受けてみことをオススメします。

矯正について相談をしてみたいと思った人は、以下のボタンからオンライン矯正相談の空き状況を確認して、予約してみましょう。13時までに予約すると、当日にオンライン相談ができます。

当日予約OK!オンライン矯正相談の空き状況を確認・予約する

インビザラインの費用に関する Q&A

ここでは、インビザラインの費用に関してよくある、以下の3つの質問についてそれぞれ回答していきます。

インビザライン矯正の分割払いは?

インビザライン矯正の費用を分割払いするなら、以下の2つの方法から選択できます。

・デンタルローン

デンタルローンとは、歯科治療費に利用目的を限定したローンです。分割払いの回数が多く、1回あたりの支払い負担額を少なく抑えられます。通常のクレジットカードローンよりも、金利が低いというメリットもあります。

・クレジットカードの分割払い

クレジットカードの分割払いは、デンタルローンほど多くなく、治療費用が高額の場合は1回あたりの支払い負担額が高くなる可能性があります。ただし、デンタルローンのような審査がないというメリットもあります。

インビザライン矯正の支払い方法は?

インビザライン矯正の主な支払い方法は、以下の通りです。

  • 銀行振込
  • 現金払い
  • クレジットカード一括払い
  • 院内分割・・・歯科医院により独自に設定された分割での支払い
  • デンタルローン・・・最大84回の分割払いができる歯科専用のローン払い。
  • クレジットカード分割・・・最大24回まで分割払いができるクレジットカード会社のローン払い。

インビザライン 月何円?

インビザライン矯正では、ローン払いをすることで月々の支払額を安く抑えられます。

支払額が100万円の場合の「月の支払額の目安」は、以下の通りです。

・デンタルローン

ローンの種類月の支払額:支払総額が100万円の場合
デンタルローン・金利8%の場合(84回払いの場合)15,500円×83回(初回22,742円)

・クレジットカード分割

ローンの種類月の支払額:支払総額が100万円の場合
クレジットカード分割・金利10%の場合(24回払いの場合)46,100円×23回(初回47,178円)