歯科矯正

前歯だけ矯正する方法「部分矯正」とは? 治療内容・費用・治療期間を紹介!

「前歯だけコンプレックスだから部分的に矯正したい」という人も多いと思います。実際、前歯だけを治すことは可能ですが、果たしてどのような部分矯正の方法があるのでしょうか。

本記事では、部分矯正の治療方法や費用・期間について解説していきます。前歯だけ矯正する方法の「部分矯正」について知りたい、自分が部分矯正できるのかハッキリさせたいという方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

「前歯だけ矯正したい」を叶える部分矯正

歯科矯正は全体の歯並びを対象とした全体矯正以外にも、部分的に矯正できる部分矯正があります。部分矯正は治療にかかる費用や期間がネックな人にとっておすすめの矯正方法です。具体的な内容を見ていきましょう。

部分矯正とは? 全体矯正との違い

部分矯正は、Minor Tooth Movement(略してMTM)とも呼ばれ、全体的に矯正装置を施す全体矯正と異なり、前歯だけなど一部分だけを矯正する治療方法です。

部分矯正は、ワイヤーを使った矯正とマウスピースを使った矯正があります。前歯だけを治したい場合は、ワイヤー矯正はほかの歯に負荷をかけることなく気になる箇所にのみ矯正装置を装着して治療をおこないます。マウスピース矯正の場合、歯の形にそって歯並びを治します。

部分矯正によって歯を動かす仕組み

部分矯正で歯が動く仕組みは、次のとおりです。まず、矯正装置をつけることで歯を移動させたい位置へと動かす力が働きます。動かす方向側にある歯根膜には力が伝わり、収縮していきます。

収縮した歯根膜には骨を破壊しようとする破骨細胞が発生し、元の位置に戻ろうとする動きが出ます。一方、反対側の歯根膜は伸長しこちらも元の位置に戻ろうと骨を作る細胞である骨芽細胞が発生します。

歯科矯正は、この破壊と再生により歯が徐々に理想の位置に移動していくという仕組みです。

部分矯正はこんな人・症例におすすめ!

部分矯正は、どのような症例の人にも対応できるわけではありません。部分矯正がおすすめな人は以下のような症例の人です。

軽度の叢生(そうせい)

歯並びがガタガタで揃っておらず、横から見るととくに綺麗なアーチを描いていない状態です。

軽度の出っ歯

前歯に出っ張りが見られる状態です。歯の傾きが原因による出っ歯は改善が見込めます。

軽度の受け口

上の歯よりも下の歯が前に出ている状態です。舌の癖などにより後天的になったケースや、歯の軸を変えるよう部分的に矯正をすることで改善するケースがあります。

開咬

奥歯はしっかりと噛み合っているのに前歯が噛み合わずに空間が生まれてしまう状態です。幼少期におしゃぶりを長期的に使用した人や指しゃぶりなどが原因で開咬になった症例などは改善が見込めます。

すきっ歯

前歯の2本の間に空間がある状態です。顎のサイズと歯の大きさのバランスが取れていないことなどが原因として考えられます。

前歯だけ矯正する(部分矯正)のメリットとは

メリット1.安い費用で治療できる

部分矯正のメリットはいくつかありますが、最大とも言えるメリットは費用面です。奥歯も含む全体矯正では、数十万〜150万円前後と高い治療費が発生しますが、部分矯正の場合には矯正装置を全体に施す必要がないため、かかる費用も比較的手に取りやすい価格です。

メリット2.痛みや違和感が抑えられる

とくにワイヤー矯正を使った全体矯正の場合には、食事や歯磨きのときも矯正装置が歯についたままの状態となるため、日常生活にも影響があります。また月に1回程度おこなわれるワイヤー調整には、痛みや違和感を覚える人も多くいます。

一方、部分矯正の場合ワイヤーは、装置を取り付ける部位が少なく、期間も短くて済むため生活への負担が軽減されるでしょう。マウスピースの場合は歯の全体を覆いますが、動かす場所は少なくて済むため、同様に痛みや違和感が全体的に動かすよりは軽減される可能性があります。

メリット3.矯正期間が短くなる

全体矯正の場合、中〜重度の症例の人では治療にかかる期間が2〜3年以上かかる人もいます。しかし、部分矯正であれば数ヶ月〜長くても1年半程度と期間が短いことが特徴です。短い期間に集中して治療ができるので、治療モチベーションの低下も防げます。

メリット4.見た目を気にしなくて良い

部分矯正は前歯だけなど気になる部分にのみ矯正装置をつけるため、全体矯正よりも目立ちにくいです。全体矯正では、治療内容によっては顎間ゴムを使用するなど目立ちやすい装置も用いられるため、矯正をしていることがバレやすいです。

一方で前歯だけ矯正することのデメリットも存在する

デメリット1.噛み合わせ改善は期待できない

重度の症例に不向きとされる部分矯正は、噛み合わせに問題がある症例には対応できません。噛み合わせの改善が必要な人は、奥歯を含めた全体矯正によって改善することが見込めます。

デメリット2.部分矯正ができない症例もある

問題のある歯が前歯だけに見えても、骨格に問題がある症状は部分矯正では治せません。上の顎が前に出っ張っている場合や、左右にズレがある場合には部分的に治すことが難しく、外科的な手術や全体矯正治療が必要となります。

デメリット3.スペースを空けるために歯を削ることも

部分矯正は歯のダイナミックな移動が必要なケースには不向きのため、抜歯を伴うような症例には適応できません。そのため、歯の重なりや出っ歯のみに悩んでいても、歯を移動させるための十分なスペースがない場合には、前歯に近い歯や周囲の歯を削るなどしてスペースを確保する必要があります。

デメリット4.仕上がりが全体矯正と比較して劣る

全体矯正の場合すべての歯並びを対象としているため、全体が綺麗になりますが、部分矯正の場合には該当する箇所のみに矯正装置を取り付けるため、仕上がりが劣って感じることがあります。

前歯の悩みが目立つために問題箇所を前歯部分だけに感じていた人も、いざ部分矯正をしてみると、ほかの歯並びも治したくなる人はいるようです。

「前歯だけなら自分で矯正できる」は嘘!

前歯は6本程度の少ない本数ですが、自力で治すことは不可能です。歯科矯正は矯正を学んだ矯正歯科医によって、治療計画のもとおこなわれる治療です。

自力で治そうとして無理に負荷をかけたり、押したりすると歯の根本にダメージを与えてしまい、余計に歯並びが悪化する可能性もあります。自力で歯を治そうとすることは非常に危険なことですので、やめておきましょう。

前歯だけ矯正する方法は?

治療法①ワイヤー矯正

ワイヤー矯正には歯の表面につけるタイプと裏側につけるタイプとがあります。歯の表面につけるタイプは、装置がつけられている部分が露出しているため目立ちやすいというデメリットがある一方、費用は比較的安く済みます。

裏側につける場合、表面より目立ちにくいですが、舌に直接当たるため口内炎のリスクがあるほか、つねに舌に矯正装置が触れていることで不快感を感じることもあります。また、表面より高い技術を必要とするため費用も高くなります。

治療法②マウスピース矯正

マウスピース矯正は、プラスチック製のマウスピースを複数個製作しつけかえていくことで徐々に歯を移動させる矯正方法です。透明で薄型のマウスピースを使うので、目立たちにくく、痛みや違和感を抑えられる点がメリットです。

自分で自由に取り外しができるため、歯磨きも普段どおりにおこなえて、衛生的です。

前歯だけの矯正は高度な技術が必要! 成功のコツ

前歯だけの矯正は治療部位も少なく、治療にかかる期間も全体矯正と比べて短いですが、決して簡単な治療ではありません。部分的だからこそどのように歯が動くのかシミュレーションし、治療計画を立てる経験と技術力が求められます。せっかくの矯正治療を失敗に終わらせないためのコツを紹介します。

矯正歯科医であり学会の資格を持つ認定医から治療を受ける

矯正は、目に見える部分だけの治療にとどまらないことや、原因が先天的なものから後天的ものまで複雑です。これらを患者さんへの丁寧なヒアリングや検査をおこなうことで、診断し、治療計画を作っていく必要があります。

矯正を専門的に学んだ、日本矯正歯科学会の認定医であるなど資格があるかどうかは歯科選びで重要なポイントです。

症例数・実績があるクリニック・医師を選ぶ

矯正を専門的に学んだ歯科医師であり、かつこれまでの治療症例数が豊富な歯科医師が信頼できます。実績がある歯科医師であれば、さまざまな経験から治療の成功へと導いてくれるはずです。また、急なトラブルや治療中の不安にも親身になって応えてくれるはずです。

信頼できるクリニックで前歯矯正を受けよう!

前歯の歯並びに悩んでいる人は、治療費用も期間も少なくて済む部分矯正がおすすめです。部分矯正には、マウスピースを使った矯正方法とワイヤーを使った矯正方法とがあります。希望する条件に合う矯正方法を検討してみましょう。

また、矯正を依頼する際は、矯正を専門に学び、実績豊富な歯科医師がおすすめです。マウスピース矯正ブランドのエミニナル矯正では、治療経験が豊富な矯正歯科医が治療を担当します。前歯の悩みを抱えていたら、一度エミニナル矯正の無料相談を受けてみてはいかがでしょうか。

前歯だけ矯正に関するQ&A

Q.前歯だけの矯正だといくらかかる?

A.ワイヤー矯正(表面)の場合には、約70〜100万円、裏側の場合には約100〜150万円かかります。また、マウスピース矯正の場合選ぶブランドごとにも異なりますが、約30〜60万円かかり、ワイヤー矯正よりもリーズナブルです。

Q.前歯だけの矯正は何ヶ月かかる?

A.前歯と一言で言っても、患者さんごとに症状の程度はさまざまなので、一概にこの期間で完結するとは言えません。おおよその目安としては、最短で3ヶ月、長くても1年程度で終わるケースが多いようです。

Q.前歯1本だけ出ているのは何故?

A.前歯1本だけが出ているという人は、先天的に顎のサイズが小さく歯が収まりきっていないことや、後天的な癖(舌で前歯を押し出すなど)が原因でなってしまうことが考えられます。